遠距離でもリアルタイムにファイルを同期。Dropboxを使ってみた。

  • Hatena Bookmark:
  • Twitter:

今まで、作業者同士が遠距離作業だった場合、作成したファイルにちょっとした修正が発生した場合、都度メールに添付して送付したり、ファイル転送サービスを利用し送付したりしてファイルを共有してました。

しかも受信毎にファイルを差し替えないといけないので、ファイルの仕分け作業だけで結構時間がかかったり…。大量に修正ファイルがあった場合は本当に大変。

そこで簡単にファイルを共有できて無料で使えるサービスを探していた時にみつけたのが「Dropbox」です。

遠く離れた相手と作業ファイルを共有できる

Dropboxのアプリケーションを入れることにより、自分のパソコンのDropboxフォルダとDropbox上の自身のスペースを同期させることにより、フォルダ内ファイルのリアルタイム同期を行えます。 更に共有指定したフォルダをDropboxのアカウントを持つ他のユーザーと共有することができます。

Webブラウザからもファイルを管理できる

普段使いのパソコンではなく、同期フォルダの無いネットカフェ等のパソコンからでも、Dropboxのサイトから管理画面へログインすることにより、ブランドからファイル操作を行うことができます。

上書き前のファイルや削除した過去ファイルを参照できる

うっかりファイルを上書きしたり誤ってファイルを削除した場合でも、過去ファイルを復元できます。この機能があれば誤操作も怖くないかも!?

iPhone/iPadからOffice系のファイルやPDFが確認できる

外出先で最新データを参照したくなったとき、iPhone/iPadアプリのDropboxがあればこれらのファイルを閲覧する事ができます。

画像 jpg、tiff、gif
音楽 mp3、aiff、m4a、wav
動画 mov、mp4、m4v
Microsoft Office文書 xls、xlsx、doc、docx、ppt、pptx
PDF文書 pdf
iWork文書 key、pages、numbers
HTML htm、html
テキスト、リッチテキスト txt、rtf
vCardデータ vcf

iPhone/iPadからテキストファイルや画像もアップロードできる

画像のアップロードは基本機能として備わっていますが、他にテキストファイルもPlainText(無料)を使えば、テキストファイルを作成・編集・保存する事ができるようになります。オフラインで編集する事ができるのも嬉しい。
有料になりますがOffice系ソフトで作成されたファイルもiPhone/iPadで編集できるアプリもあるみたいですよ!

Dropboxの登録の仕方・使い方はこちら

DropboxのWebサイトの言語が英語だったけれど、登録も使い方もシンプルでわかりやすいので、導入時のハードルはそれ程高いものではないと思います。

以下のページではスクリーンキャプチャを交えて解説されていますので、とりあえず気になった方は試してみるといいかも。

Post Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Return to page top