Archives: 2011-07

Fireworksテクスチャを活用しよう(1) 図形ドットの線幅をコントロールする

特にテクスチャのパターン構造を考えたり、ファイルを新たに作成したりする事なくサクッと簡単に今現在indigonote.comにアップしている図形ドット系のテクスチャを使って更にバリエーションを作ってみよう。とか、そんなTIPSメモ。

せっかくたくさんベースになりそうなテクスチャ(Fireworksで使えるパターンテクスチャ(まとめページ))を作ったのでそれを活用する方法を書こうかなと。

図形ドットの線幅をコントロールする…とオーバーな書き方をしるけど、既にFireworksを使いこなしている方にとっては目新しい事もないかもですがご容赦ください。

Fireworksで使える網掛け(丸ドット)アウトライン テクスチャ840

網掛け(丸ドット)アウトライン テクスチャ840 サンプル

Fireworksで使える網掛け(丸ドット)テクスチャがよく利用されているようなので、需要あるのかなと。

今回基本的に外枠の線幅を1px基準にしているけど、このテクスチャをベースに様々な線幅のテクスチャに展開することができます。
展開の仕方はこの「Fireworksテクスチャを活用しよう!(1) 図形ドットの線幅をコントロールする」を参照。

Photoshopとかでもパターンを定義できたら使えそう。

画像を使わずCSSで装飾するシンプルなテーブル要素のデザイン

Webデザインを作成しているときに必ずテーブル要素のデザインを行う。

単純に線の色、テーブルヘッダの背景色を決めるくらいでサクッと終えてしまう事が多いのだけれど普通とは違うデザインにしたい。けれど背景画像や画像を駆使した特殊なデザインをするのも更新制に欠ける…どこまでシンプルなHTMLソースでデザインできるんだろう? とかぼんやりと考えたりすることがあって、現在思いつく限りのサンプルを作成してみた。

ページ内の見出し一覧

Return to page top